NOW ON AIR !

番組表
HOME ニュース

2021年10月13日 19時09分

九州保健福祉大学 セクハラ行為認める判決 宮崎県

宮崎県延岡市の九州保健福祉大学の女性大学院生が、50代の男性教授から繰り返しセクハラを受けたとして教授と大学側を相手取り、530万円の損害賠償を求めた裁判で、宮崎地裁延岡支部は、セクハラ行為などを認めて132万円の支払いを命じる判決を言い渡しました。

13日の判決で、男性教授は、忘年会や飲み会の席などで酒に酔って大学院生にキスをするなどの行為を繰り返し、相手が好意を寄せているとの誤認があったとしていて、教授のセクハラと、大学側の責任を認めました。
原告の弁護士は、請求内容の一部が棄却されたため控訴するかどうかは、原告と協議した上で決めたいとしています。

(原告の大学院生)
「声を上げてからのほうが、余計こんなに苦しまなきゃいけないのかということを思い知りました。ここ(判決)まで来られたということで、ちょっと涙が出ました。」

一方、大学側弁護士は、「不法行為として認められたことは残念。控訴するかどうかは、被告と話し合って決めたい」と言うことです。
この判決を受けて大学側は、「判決文を見ていないのでコメントは差し控えたい」と話しています。

10月15日(金)

10月14日(木)

10月13日(水)

10月12日(火)

10月11日(月)

Top