NOW ON AIR !

番組表
HOME ニュース

2024年06月11日 18時48分

台風・大雨シーズンを前に 土砂災害への対応確認 宮崎市で消防・警察の合同訓練

宮崎市で、土砂災害に巻き込まれた人を救助する消防と警察の合同訓練が行われました。

訓練には、宮崎市北消防署東分署と県警機動隊などの職員合わせて約40人が参加。
土砂崩れに巻き込まれ首まで埋まった人を救助する掘削訓練では、消防と警察官のチームが土砂が入り込まないよう周囲を板で囲み、スコップで土を掘り起こして救助者に見立てた人形を救助しました。

(宮崎市消防局北消防署東分署 猪俣隆正分署長)
「消防と警察という垣根を越えた活動ができたと改めて感じることができた。今後、このような訓練を繰り返すことで実際の災害時に役立てばと思っている。」

11日は倒壊した家屋や車に閉じ込められた人を救出する訓練も実施、台風や大雨による災害が多くなる時期を前に関係機関が連携を強化していました。

6月13日(木)

6月10日(月)

Top